Page: 2/49  << >>
8の付く日は「米の日」
 米は、小麦、トウモロコシとともに、年間6億トンが生産されている世界の3大穀物です。 生産量の9割がアジア圏で生産され消費しており、アジア、特に日本にとって無くてはならない食料でもあります。
  食事 こだわり新米食べ比べ3カ月コース(29年度産)(セコム)

 前回ご紹介のものは、現在も取り扱い中です。
  食事 新潟魚沼産こしひかり NUK-50 米・麺類(小田急)

 お好みの米を探すには、こちらを!
  食事 米どころ新潟の旨いお米を全国に(新潟ケンベイ)
  食事 有名シェフ愛用の雑穀米(プリズム)

 毎月の8日、18日、28日は「米の日」として全国的に実施されています。
 福島県では、「ごはんの日」として制定しており、多くの小学校の給食で県内産を使った米食が出され、地産地消が広がっています。
 三重県でも「米の日」に制定しており、新潟県、岩手県でも毎月18日に実施しています。 平成10(1998)年に、岩手県(県農政部農産物流通課が8月18日に制定してから、「米の日」が広まったようです。
 「米」という字を分解すると「八十八」ですから、八月十八日が的を得ているかも。 おめでたい「米寿」もありますしね。
 岡山県(県農林水産部生産流通課)では、毎月10日です。
 1月17日は「おむすびの日」として、平成12(2000)年にJA等の「ごはんを食べよう国民運動推進協議会」が定めています。
 阪神大震災の日で、全国から集まったボランティアの炊き出しなどの善意を忘れないようにとのことです。

 若干まとまりが無いように見えますが、日本人にとっては一番大切な食べ物ですので、複数の記念日があるのでしょう。

≪いつから≫
 原産地は、中国とインド、ミャンマーが接している山岳地帯で、栽培は中国揚子江流域といわれています。
 縄文時代の末期に、中国から伝わってきました。
 米の伝来により、やがて弥生時代を生み出します。
 米が伝わったといっても、この時代の主食はアワ・ヒエが中心でした。
 当初の米は、赤米のような品種です。
 米を食べるのはハレの日だけだったようで、今でもお祝いの時に小豆を入れて赤くした「赤飯」を食べるのは、その名残でしょう。

 室町時代になって、やっと貴族でアワに玄米を混ぜたものが、日常的に食べられるようになりました。
 今のように、玄米を白精米して食べるようになったのは、江戸時代の明暦年間(1655〜)の江戸といわれています。 まだまだ貴重品で、良くて米7対麦3の割合の麦飯を食べていたようです。
 玄米とは違い白米は美味しいので、ご飯だけ食べていた人に「江戸患い」という病まで流行したそうです。

≪呼び名≫
 作物としては稲、もみ殻を取り去ると玄米、ヌカを除去すると白米お米で日本旅、食材としては、食べる時は、水を多くするとといいます。
 当たり前のように、「御」をつけてご飯
 このように細かく言い分けられること自体が、日本人の米に対する思い入れを語っています。 納税としての年貢や、その地方の勢力を示す石高などの指標として使っていたのは日本だけです。

≪種 類≫
 大きく分けて、3種類に分けられます。
  ・日本で食べられている円形の日本米(ジャポニカ種)
  ・世界的に一番多い長粒形のインド米(インディカ種)
  ・ジャワやイタリアで食べられる半長粒形のジャワ米
 各々に料理法があって各々美味しいそうですが、日本料理にはジャポニカ種じゃないと合いませんね。

 でんぷん質の差によっても分けられます。
  ・うるち米(粳米) アミロペクチンに、20、30%のアミロース
  ・もち米(糯米)  アミロペクチン100%

 改良は続いており、
  ・昭和31(1956)年、福井県で コシヒカリ
  ・昭和38(1963)年、宮城県で ササニシキ
と品種改良され、さらに美味しくなりました。
 その系統から、あきたこまち、きらら397、はえぬき、>ひとめぼれ、ひのひかり、ほしのゆめ、ゆきの精などが生まれています。

 栽培方法も、水田で育てる水稲と、畑で育てる陸稲にがありますが、日本では美味しい米ができる水稲です。

 お粥にすると、胃の負担も軽くなり消化吸収も良くなるので、食欲のない時には最良の食べ方です。
 日本人に生まれてきて、良かった。

≪関連した話題の書籍≫
読書 世界でいちばんおいしいお米とごはんの本
読書 健康な身体と心をつくるなら お米を毎朝食べなさい!
読書 かんたんかわいい姫ごはん キレイになりたい!キレイに食べたい!女子の〜
読書 クックパッドのおいしい厳選!ご飯・丼ものレシピ
読書 保育園産の米 (Parade books)

(29年12月9日)

最新の記事は、こちら。



毎月15日は「お菓子の日」
 昭和56(1981)年、全国菓子工業組合連合会(全菓連)が制定ました。
 制定した当時には、4月15日にお菓子の神を祀る和歌山の橘本神社と兵庫の中嶋神社で例大祭が行われていたことから、15日を記念日としました。
   <たねや> ふくみ天平 30個入(三越)

 先月ご紹介のお菓子は、現在も取り扱い中です。
   [トロワグロ]クッキー&焼き菓子セット(小田急)

 人間は他の動物と違い、木の実などを探し求めるだけではありませんでした。火にかける、粉にするなど様々な加工を考案し、そのままでは食べられない物を食料に変えてきました。 また、食料だけでなく、蜂蜜や果物などの"甘いもの"も求めていました。

 約1万年前の壁画に、蜂蜜を採取している絵が描かれています。栄養としての食糧だけでなく、楽しむ食べ物へと味覚を追求していきました。
 紀元前2千年前の古代メソポタミアのマリ王朝の遺跡から、菓子の型が出土しています。 穀物の粉の中に、蜂蜜とナツメヤシや干しブドウを入れ焼き込んだ物が造られており、お菓子のルーツと言われています。

 エジプトのラムセス3世の墓には、10余種類ものお菓子が描かれており、ギリシア時代には誕生日を祝うお菓子もありました。
 ローマ時代には、特別な儀式の供物用として重要な地位を占め、菓子職人は立派な職業としても承認されています。
 7世紀頃ペルシアで、従来、発酵させて酒を作っていたサトウキビから、砂糖を取り出す方法が考案されました。 酒を飲まないイスラム帝国の拡大とともに、甘いお菓子は全世界に広まりました。

 日本では、中国からの伝来はあったものの貴族階級のみで、室町時代にもカステラや金平糖などが入って来ていましたが、あくまで"物まね"の範疇でした。
 外国へ目を向けた織田信長の時代に、仏教で肉類が禁止されていたため、中国から伝来した羊羹や饅頭を、肉を使わないお菓子に置き換えて作られるようになりました。
 茶道の普及と相まって、和菓子の誕生です。
 その後、江戸で黒砂糖を使った駄菓子が作られ、庶民の食べ物として欠かすことのできない物になりました。

 江戸時代までの和菓子と、江戸時代末以降の洋菓子に分けられます。
 食品衛生法での分け方もありますが、業界団体が定めている
    ・生菓子  水分が30%以上の物
    ・半生菓子 10%以上30%未満の物
    ・干菓子  10%未満の物 
が、一般的には普及しています。

 米が原料の米菓、豆が原料の豆菓子、焼き物のせんべい、蒸し物のまんじゅうもを、流し物の羊かん、イースト菌で発酵菓子のサバラン。
 作り方によっても、焼いたり、蒸したり、油で揚げたり、流し込んだり、型で抜いたり、実にいろいろです。
 菓子とは、生命を維持する食料として摂取するのではなく、人生を豊かにするために調理された嗜好品といえるでしょう。

 お菓子の日として、6月16日の「和菓子の日」もあります。
 昭和54(1979)年に全国和菓子協会が制定したものです。
 嘉祥元(848)年のこの日に、蔓延していた疫病の退散を祈願して、神に餅や菓子を供えたとの故事からです。

 せっかくの人生、いろいろなお菓子を楽しみましょう。

≪関連した話題の書籍≫
読書ムラヨシマサユキのお菓子 くりかえし作りたい定番レシピ
読書 透明和菓子の作り方
読書 電子レンジで簡単! 笑顔こぼれるデコ和菓子
読書 決定版! 何度も作りたくなる お菓子の基本 (講談社のお料理BOOK)
読書 ヨーグルトの冷たいお菓子と焼き菓子

(29年12月7日)

最新の記事は、こちら。



毎月15日は「いちごの日」
 「いち(1)ご(5)」の語呂合せから制定されました。
 全国いちご消費拡大協議会が制定した「いちごのの日」は、>1月15日です。日にちの由来は、「いい(1)いち(1)ご(5)」の語呂合せです。
   かご盛りいちご(600g)(JAL)

 先月ご紹介のものは、取り扱いを終了しました。
   [佐賀]さがほのか苺

 食べ物のいちごとは無関係ですが、いちご世代と称される高校受験生である15歳の少年少女にやる気を出さすために、学習塾が定めた1月5日も「いちごの日」です。
 いずれも「いち(1)ご(5)」の語呂合せです。

 原産地は、北米の東部と南米のチリです。
 日本に伝来したのは、江戸時代末で、ヨーロッパに伝わって品種改良され「オランダいちご」と呼ばれていました。
 年間出荷量は、栃木県が第1位、次いで福岡県と続きます。
 代表的な品種は、栃木県を中心とした関東産の「女峰」と、福岡を中心とした九州産の「とよのか」です。
 両者で、全国の出荷の9割を占めています。
 その他にも、宝交早生、アイベリー、とちおとめ、さがほのか、章姫、とちひめ、あまおう、紅ほっぺなども人気です。
 本来の旬は、4月〜5月なのですが、今では一年中、出回っています。
 流通しているイチゴの大半は、ハウス栽培によるものです。
 >家庭菜園でも容易に栽培できるため、昔は、自家用として庭の片隅に栽培していたものです。

 新鮮なものは、光沢があって、ヘタがしっかりしているかが、選ぶときのポイントです。
 ヘタを取らずに洗い、洗った後に取りましょう。
 水っぽくならずにすみます。
 栄養的には>ビタミンC(アスコルビン酸)が豊富で、生の大粒を5粒ほど食べると1日の必要摂取量が摂取できます。
 甘みである果糖とブドウ糖はエネルギーとなり、酸味のクエン酸とリンゴ酸が疲労回復に作用しで、特に脳の活性化に効果があります。
 意外なものとしては、キシリトールも豊富に含まれています。

 ショートケーギ、特にクリスマスケーキには欠かせないものですが、ジャムやジュースにしたり、アイスクリームに練りこまれたりもします。
 昭和61(1986)年に登場した「イチゴ大福」はブームに終わらず、和菓子として定着しました。

 こよなく好まれているいちごなのに、「苺」の漢字が常用漢字に入っていないのが不思議です。
<「1月15日は"いちごの日"」と併記>

≪関連した話題の書籍≫
読書 イチゴつくりの基礎と実際
読書 イチゴ (NHK趣味の園芸よくわかる栽培12か月)
読書 「ひと粒五万円! 」 世界一のイチゴの秘密(祥伝社新書)
読書 農家が教える イチゴつくり
読書 イチゴの基礎知識: 生態と栽培技術 (農業の知識シリーズ)

(29年12月6日)

最新の記事は、こちら。



12月15日は「観光バス記念日」
 大正14(1925)年のこの日、東京で遊覧乗合自動車(観光バス)の営業を開始しました。 コースは、皇居前から銀座、上野の間を走りました。
 その前にも、貸し切り自動車を使った「青バス」と呼ばれた東京遊覧があったそうです。
 こちらは、1日コース、2日コース、3日コースなどを運行していました。

   【楽天トラベル 高速バス予約】

 観光バスとは、団体で貸し切るバスや、定期・不定期を問わず、観光を目的に運行されているバスも含めた総称です。
 一昔前までは、学校の修学旅行や社員旅行など、知り合い同士が貸し切っての利用するのが一般的でした。
 また、乗合の観光バスと言えば、市内観光が中心でした。 最近では、県外の観光地を巡ったり、グルメツアーなど目的ごとのバスツアーが人気となっています。

 バスも豪華になり、座席などは高速走行や長距離走行でも疲れないように工夫されています。 何といっても、列車と違い乗り換えはなく、乗ったまま目的地に到着できるメリットがあります。
 日帰りでは鉄道などの運賃よりも安く、泊りのツアー料金が宿泊代よりも安いなど、価格の安さも人気の1つでもあります。

 乗ってしまえば何の心配もいらないバスツアー、大いに楽しみましょう。

≪関連した話題の書籍≫
読書 バスに乗ってどこまでも 安くても楽しい旅のすすめ
読書 バスを良く知る基礎知識 (深遠なるマニアの世界への第一歩!)
読書 右手をご覧くださいませ: バスガイドとめぐる京の旅
読書 東京都内乗合バス・ルートあんない'16~'17年版 (諸書籍)
読書 京都観光のりもの案内 乗る&歩く京都編 秋冬~2018年春版(570以上の〜

(29年12月5日)

最新の記事は、こちら。



12月13日は「ビタミンの日」
 平成12(2000)年、ビタミンの日制定委員会が制定しました。
 日にちの由来は、鈴木梅太郎博士が米ぬかの中から抽出し、脚気を予防する成分「オリザニン(ビタミンB1)」の名を学会で発表した日によるものです。
 どんっ リアルエクセレント マルチビタミン&マルチミネラル - セシール

 静岡県をPRすることが、きっかけだったそうです。
 博士の出身地(旧・堀野新田村)である牧之原市では、毎「ふれあい ビタミン あいのまち」をうたい文句に、講演会など様々なイベントを行っています。 なお、ビタミンの日委員会は、平成21(2009)年に解散しています。

 ビタミンとは、炭水化物やタンパク質、脂質、ミネラルを除いた必須な有機化合物である栄養素の総称です。
 ほとんどが体内で合成することができないので、食べ物などから摂取する必要があります。

 最初にビタミンを発見したのが鈴木博士です。
 それまでは、ビタミン不足による障害を把握していたものの、単なる栄養不足や病気と思われていた。
 その後、次々とビタミンの種類が発見され、欠乏症との因果関係が明らかとなって、医療が発展しました。

≪関連した話題の書籍≫
読書 新ビタミンCと健康―21世紀のヘルスケア
読書 知って健康! ビタミンの正しい知識
読書 ビタミン・ミネラルの本 (Tsuchiya Healthy Books―名医の診察室)
読書 病気知らずのビタミン学 がんから美容まで (PHP新書)
読書 「免疫ビタミン」のすごい力 - ガンも認知症も寄せつけない

(29年12月4日)

最新の記事は、こちら。




最新記事

最新の記事一覧は、こちらをクリックして下さい

お役立ちメモ 2

贈る品物選びに困ったら
故郷の名物を探す
お子さん、お孫さんへ
品物選びに「ランキング」
健康を贈る
お買い得、あれこれ
花について
添状の文例
 誕生日結婚記念日
 開店、開業、設立、発足
祝電の文例
初めてネット購入される方へ

お役立ちメモ

◎誕生日など毎年のお祝い
誕生日、結婚記念日
正月、人日の節句、節分
ひな祭り、春の彼岸、子供の日
母の日、父の日、七夕、お中元
夏休み、敬老の日、秋の彼岸
十五夜、お歳暮、クリスマ


◎出産から賀寿までのお祝い
着帯祝、出産、お宮参り
初節句、初誕生日、七五三
入学・卒業・合格・進学
十三参り、成人祝、就職、結婚
定年退職・引退、賀寿祝


◎時おり訪れるお祝い
昇進・栄転・転勤、転職、開店
上棟・新築・引越し、病気見舞
快気祝、叙勲・表彰・優勝


◎デパートなどでお買い物
◎旅館などの「お宿」探し
 旅館などの「お宿」探し (2)
◎愛車も家族

アマゾンで書籍選び

スポンサー

今週の宿予約
ガリバーの無料査定
オートウェイ

Profile

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode