Entry: main  << >>
8月7日は、「月遅れ七夕」
 明治になってから採用された太陽暦では、なじまない日本古来の行事がずいぶんあります。 七夕もその一つで、新暦では梅雨の真っただ中です。
 そこで、大半の地域では、月遅れで開催しているようです。
 一番有名な仙台七夕(宮城)をはじめ、七夕絵どうろうまつり(秋田)、東京の阿佐ヶ谷七夕まつり・福生七夕まつり、高岡七夕まつり(富山)、宝立七夕キリコ祭り(石川) など。
 古来より、盂蘭盆の祖霊に、豊作を祈る行事がありました。
 その行事の一部と棚織津女の伝説に、中国から伝わった節句が加わって出来たものが七夕といわれています。
 短冊に願い事を書いて、笹竹に飾り付ける行為はその名残で、日本だけの風習です。

 「七夕」を「たなばた」と呼ぶのは、昔は「棚機(たなばた)」といっていたからです。
 ねぶた祭りも、竿灯祭りも、その流れといわれており、旧暦では初秋となり、今でも月遅れの8月7日に七夕祭りを行なう地方が多いようです。
 商店街などで賑わう七夕祭りは、仙台の七夕祭りをモデルとして全国に普及しました。
 くす玉、吹き流しも、仙台祭りが発祥です。

 天帝の娘である織姫は、機織の上手な娘でした。
 その娘と働き者の夏彦とが恋に落ち、天帝も似合いの夫婦として結婚を認めました。
 ところが、夫婦生活を楽しむあまり、織姫は機を織らなくなり、夏彦は牛を追わなくなりました。
 天帝は怒り、年に1度の7月7日しか会うことを許さず、2人を天の川を両端に引き離しました。 しかし、その日に雨が降ると、天の川を渡ることができなくなります。
 雨の日には、二人を哀れんだ無数のカササギが、天の川に自分の体で橋をかけて、渡してくれるそうです。

 日本や中国だけでなく、東南アジアのみならず、ヨーロッパにも様々な伝説となって残っています。
 日本でも棚機津女の伝説のほかに、水浴びをしていた天女の衣を盗む羽衣伝説、竹から生まれて月に帰る竹取物語があります。

 身近な幼子に、"夢"をプレゼントしてみませんか。

読書 たなばたさま (いもとようこの日本むかしばなし)
読書 たなばたものがたり (行事の由来えほん)
読書 なぜ、七夕にささかざりをするの? (なぜ?どうして?たのしい行事)
読書 たなばた (こどものとも傑作集)
読書 たなばたさま きららきらら (ワンダーおはなし絵本)

プレゼント 伝えたい日本のうた~花いちもんめ~
  童謡「たなばたさま(下総皖一)」が、収録されています。
プレゼント 伊福部昭の芸術9 伊福部昭音楽祭
  「管弦楽のための日本組曲 第2曲 七夕」が、収録されています。
プレゼント 七夕夜想曲~村下孝蔵最高選曲集 其の壱
  夜長に聞くイメージが合っていました。
 
(28年7月29日)

最新の記事は、こちら。

  


Comment








Trackback

最新記事

最新の記事一覧は、こちらをクリックして下さい

お役立ちメモ 2

贈る品物選びに困ったら
故郷の名物を探す
お子さん、お孫さんへ
品物選びに「ランキング」
健康を贈る
お買い得、あれこれ
花について
添状の文例
 誕生日結婚記念日
 開店、開業、設立、発足
祝電の文例
初めてネット購入される方へ

お役立ちメモ

◎誕生日など毎年のお祝い
誕生日、結婚記念日
正月、人日の節句、節分
ひな祭り、春の彼岸、子供の日
母の日、父の日、七夕、お中元
夏休み、敬老の日、秋の彼岸
十五夜、お歳暮、クリスマ


◎出産から賀寿までのお祝い
着帯祝、出産、お宮参り
初節句、初誕生日、七五三
入学・卒業・合格・進学
十三参り、成人祝、就職、結婚
定年退職・引退、賀寿祝


◎時おり訪れるお祝い
昇進・栄転・転勤、転職、開店
上棟・新築・引越し、病気見舞
快気祝、叙勲・表彰・優勝


◎デパートなどでお買い物
◎旅館などの「お宿」探し
 旅館などの「お宿」探し (2)
◎愛車も家族

アマゾンで書籍選び

スポンサー

今週の宿予約
ガリバーの無料査定
オートウェイ

Profile

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode