Entry: main  << >>
お中元
 いよいよ、お中元の季節。
 お世話になっている方などへ、感謝を表す絶好の機会です。
 この機会を活用して、"親しみの輪"を広げましょう。
お年玉 時 期
 本来は、旧暦の7月15日でした。
 最近は、「暑中御見舞」や「残暑御見舞」などとして贈るようです。
  ・暑中見舞、暑中御見舞い、(目上の人には、暑中御伺い)
    土用の入り(7月19、20日)から立秋(8月7、8日)まで
  ・残暑見舞、残暑御見舞い、(目上の人には、残暑御伺い)
    立秋(8月7、8日)から処暑(8月23日)まで
 立秋も過ぎてしまったら、「残暑見舞い」で良いとされています。

 一度、贈ると、毎年の恒例となりがちです。
 今年だけにしたい場合は、「御礼」または「心ばかり」としましょう。

お年玉 標準的なもの
 本来は、両親や親戚、仲人、会社の上司、お世話になった人など、目上の人へ贈るものです。 よって、お返しはしないものなので、お返しの心配をかけない程度の金額の物を贈りましょう。
 3千円から5千円までが標準的な金額です。
 また、相手の好みが良く分からない場合には、形の残らない食品や日用雑貨品などが無難です。 会社の上司などには、当人向けよりも奥さん向けに品揃えをした方が、効果があるようです。

 ベスト5の上位は、例年、変わっていません。
   1位 ビール
   2位 コーヒー
   3位 産地直送の生鮮食品
   4位 調味料、食用油
   5位 そうめん、冷や麦などの乾麺
 保存のきく「嗜好品」、もらってうれしい「グルメ」、もらって助かる「生活必需品」は、やはり人気です。

 目上の人ですので現金やそれに類するものはタブーとされていましたが、お中元が殺到する人へは、ギフト券や商品券の方が喜ばれるようです。
 最近では、友人、知人、日頃お付き合いしている人に対しても増えています。 また、遠く離れていて、なかなか会うことができない人への、挨拶代わりにも使われています
 いずれにしても、「○○さんからは○○が届く」と心待ちされれば、合格でしょう。

お年玉 贈り方
 本来は、事前に連絡をして、先方宅に訪問して直接お渡しするものです。
 ほとんどが配送する現在、逆に相手に好印象を与える絶好な機会になるでしょう。 時間に余裕があれば、ぜひ行なってみたいものですね。

 配送する場合も、品物を送ったままにしないことです。 品物だけ送り届けるのは失礼ですので、必ず連絡だけはしましょう。
 身内や親しい友人などには、メールや電話、FAXでも良いでしょうが、やはり手紙やハガキの方が、感謝の気持ちが増幅すること間違いなしです。
 他人に内容を見られたくない時や目上の方へは、手紙をおすすめします。
 クール便の場合は、いつ頃届くかを、電話で確実に伝えましょう。
 お世話になっている方への配送は、贈り物に挨拶状を添えるか、手紙かハガキで挨拶状を送るのが礼儀です。
 2〜3日ぐらい前に届くように出しましょう。

 お中元ギフトを、どれにしようかと迷っている方へ
 みなさまがお住まいの地域や、故郷の名産品を贈ってみるのは、いかがでしょうか。
三越・伊勢丹オンラインストア三越・伊勢丹オンラインストア小田急オンラインショッピング
セコムの食日比谷花壇

お年玉 由 来
 お中元とは、日本での祖先の霊を供養する盂蘭盆と、中国から伝わってきた道教が融合してできた行事です。 お盆(盂蘭盆)に、親戚や隣近所のご先祖様へ、お供えを贈る「盆供」という習慣となりました。
 その後、両親に食べ物を送るようになりました。
 江戸時代になると、商い先や顧客に贈り物をする「盆礼」が始まります。
 次第に、目上の人やお世話になっている人への贈り物をする"お中元"となり、一般的に広まりました。
 会社の上司などにも送るようになったのは、明治に入って、暑さのため売り上げが落ちるこの時期に、百貨店が大売り出しを行ってからです。
 今では古来の由来より、贈ることそのものが大切にされています。

お年玉 三 元
 古代の中国の道教には三官信仰というのがあり、3人の神が生まれたそれぞれの15日を三元ととして祝う習慣があました。
  ・上元(1月15日)生まれの天官は、福をもたらす天神
    元宵節、元夕と呼び、前後の日に夜祭を行う
  ・中元(7月15日)生まれの地官は、人間の罪を許す慈悲神
    人間贖罪の日であり、一日中火を燃やして祝う。
  ・下元(10月15日)生まれの水官は、水害や火災を防ぐ神
    先祖を祀る行事が、後に災厄から逃れるよう祈る日となる

 日本では、一般的に知られるものとしては「お中元」ですね。
  ・上元は、小正月、女正月の日として残っています。
    小豆粥を食べると、その年の疫病が避けられるいわれる。
  ・中元は、祖先の霊を供養する盂蘭盆と結びつきました。
    今や、人間関係に欠かせない行事の一つになっています。
  ・下元は、収獲祭と結びつきました。
    その後、行事は無くなったようです。

(29年6月15日)

最新の記事は、こちら。

  


Comment








Trackback

最新記事

最新の記事一覧は、こちらをクリックして下さい

お役立ちメモ 2

贈る品物選びに困ったら
故郷の名物を探す
お子さん、お孫さんへ
品物選びに「ランキング」
健康を贈る
お買い得、あれこれ
花について
添状の文例
 誕生日結婚記念日
 開店、開業、設立、発足
祝電の文例
初めてネット購入される方へ

お役立ちメモ

◎誕生日など毎年のお祝い
誕生日、結婚記念日
正月、人日の節句、節分
ひな祭り、春の彼岸、子供の日
母の日、父の日、七夕、お中元
夏休み、敬老の日、秋の彼岸
十五夜、お歳暮、クリスマ


◎出産から賀寿までのお祝い
着帯祝、出産、お宮参り
初節句、初誕生日、七五三
入学・卒業・合格・進学
十三参り、成人祝、就職、結婚
定年退職・引退、賀寿祝


◎時おり訪れるお祝い
昇進・栄転・転勤、転職、開店
上棟・新築・引越し、病気見舞
快気祝、叙勲・表彰・優勝


◎デパートなどでお買い物
◎旅館などの「お宿」探し
 旅館などの「お宿」探し (2)
◎愛車も家族

アマゾンで書籍選び

スポンサー

今週の宿予約
ガリバーの無料査定
オートウェイ

Profile

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode