Entry: main  << >>
5月14日は「温度計の日」
 1686年のこの日、ドイツの物理学者ファーレンハイトが、ダンツィヒ(グダニスク)で誕生しました。
 当時のドイツでは、カトリック都市とプロテスタント都市で暦が異なっていた時期で、グレゴリオ暦では5月24日です。
 1724年、水銀温度計を発明し、華氏温度目盛り(°F)を定めました。
  ヤコブ・イェンセン「ウェザーステーション)」温度計(ヤマギワ)
  〈スタンドラーフォーム〉セリナ 湿温度計(JAL)

 華氏温度は、寒剤/塩化アンモニウムを使って当時に得られた最低温度を0度とし、人間の平均体温を96度として間を等分しています。
 水の氷点が32度、沸点が212度となります。

 世界で最初に温度計を作ったのは、ガリレオ・ガリレイといわれています。 しかし、気体である空気の膨張と収縮を利用した"空気温度計"だったため、気圧の影響を受けやすく、大まかな温度しか測れませんでした。
 その後も様々な温度計(体温計)が発明されましたが、単位や判断基準がバラバラで、統一的な比較はできませんでした。
 ファーレンハイトの水銀を使って実用に耐える温度計の出現は、初めて基準となる画期的な温度計で、医学の飛躍的な発展に寄与しています。
 日本では馴染みのない単位ですが、アメリカやカナダ、イギリスなどで今でも用いられています。
 使用している彼らは、人間が居住可能な世界中の居住可能地域の気温は、おお地域の気温は 「0°F」から「100 °F」の範囲であるし、人間の体温が「100 °F」を超えたら治療する必要があると判断できるなど、生活感覚に密着した単位だと主張しています。

 1742年、スウェーデンの物理学者セルシウスは、新たな温度計を考案しました。 気圧が一定の下では、水の沸点が常に一定であることに気付き、沸点を「100」、氷点を「0」としたのです。
 新たな温度は「セルシウス温度」と呼ばれ、中国で漢字を「摂爾修斯」と当てたことから、「摂氏」と呼ばれています。
 自分を知るためにも、定期的な測定習慣は、お勧めです。

≪関連した話題の書籍≫
読書 新編 温度計の正しい使い方
読書 温度をはかる―温度計の発明発見物語 (熱をさぐる編 温度と原子分子)
読書 熱とはなんだろう―温度・エントロピー・ブラックホール…
読書 体温を上げると健康になる
読書 熱と温度のひみつ (楽しい調べ学習シリーズ)

(29年5月6日)

最新の記事は、こちら。

  


Comment








Trackback

最新記事

最新の記事一覧は、こちらをクリックして下さい

お役立ちメモ 2

贈る品物選びに困ったら
故郷の名物を探す
お子さん、お孫さんへ
品物選びに「ランキング」
健康を贈る
お買い得、あれこれ
花について
添状の文例
 誕生日結婚記念日
 開店、開業、設立、発足
祝電の文例
初めてネット購入される方へ

お役立ちメモ

◎誕生日など毎年のお祝い
誕生日、結婚記念日
正月、人日の節句、節分
ひな祭り、春の彼岸、子供の日
母の日、父の日、七夕、お中元
夏休み、敬老の日、秋の彼岸
十五夜、お歳暮、クリスマ


◎出産から賀寿までのお祝い
着帯祝、出産、お宮参り
初節句、初誕生日、七五三
入学・卒業・合格・進学
十三参り、成人祝、就職、結婚
定年退職・引退、賀寿祝


◎時おり訪れるお祝い
昇進・栄転・転勤、転職、開店
上棟・新築・引越し、病気見舞
快気祝、叙勲・表彰・優勝


◎デパートなどでお買い物
◎旅館などの「お宿」探し
 旅館などの「お宿」探し (2)
◎愛車も家族

アマゾンで書籍選び

スポンサー

今週の宿予約
ガリバーの無料査定
オートウェイ

Profile

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode