Entry: main  << >>
5月13日は「カクテルの日」
 米国の雑誌「バランス」の1806年5月13日号に、「カクテル」という名称が初めて登場したことに由来するそうです。
  ワイングラス <オクソー> 【YY】カクテルシェーカー(伊勢丹)

  ワイングラス <オクソー> 【YY】カクテルストレーナー

 この中では、
   カクテルとは、酒(種類は何でも良い)に砂糖と水とビターを混ぜた興
  奮飲料で、俗に「ビタースリング」と呼ばれ、選挙運動の妙薬というこ
  とになっている。
と紹介されているそうです。
 薬草や香草、樹皮、香辛料など混ぜ合わせて熟成したり、酒に付け込んで強い苦味のあるアルコール飲料を、お好みの酒に苦みを付けるために砂糖とともに加えたアルコール飲料が、カクテルなのでしょう。
 苦みの基であるビターズの製法は、各メーカーの秘伝として、よりよい物を求めて、今でもしのぎを削っています。

 人類が手に入れた最初の酒は、ワインといわれています。
 やがて、蒸留することを考案し、独特の香りも少なく、アルコール度数の強い酒を手に入れました。
 ジュースで割ったりと、お好みの味を付けて、飲み口の良い飲み方が可能になり、飲む文化が一気に花開きました。
 今のカクテルは、ベースとなる基酒に、他の酒やジュースなどを混ぜたアルコール飲料のことで、苦みの無いカクテルもたくさんありますし、アルコール分を含まないカクテルもあります。
 カクテルの種類は、代表的な者でも数百種から数千種も存在しているとされ、実数は専門家でもわからないとされています。
 あなたも、自分だけのカクテル作りにチャレンジしてみませんか。

≪関連した話題の書籍≫
読書 ニッカウヰスキー アレンジレシピ - ブラックニッカでつくる92品
読書 基本のカクテル手帖 知ればもっとおいしい! 食通の常識
読書 銀座のバーが教える 厳選カクテル図鑑
読書 カクテル完全バイブル
読書 PREMIUM(プレミアム) カクテル大全
(30年5月3日)

最新の記事は、こちら。



Comment








Trackback

最新記事

最新の記事一覧は、こちらをクリックして下さい

お役立ちメモ 2

贈る品物選びに困ったら
故郷の名物を探す
お子さん、お孫さんへ
品物選びに「ランキング」
健康を贈る
お買い得、あれこれ
花について
添状の文例
 誕生日結婚記念日
 開店、開業、設立、発足
祝電の文例
初めてネット購入される方へ

お役立ちメモ

◎誕生日など毎年のお祝い
誕生日、結婚記念日
正月、人日の節句、節分
ひな祭り、春の彼岸、子供の日
母の日、父の日、七夕、お中元
夏休み、敬老の日、秋の彼岸
十五夜、お歳暮、クリスマ


◎出産から賀寿までのお祝い
着帯祝、出産、お宮参り
初節句、初誕生日、七五三
入学・卒業・合格・進学
十三参り、成人祝、就職、結婚
定年退職・引退、賀寿祝


◎時おり訪れるお祝い
昇進・栄転・転勤、転職、開店
上棟・新築・引越し、病気見舞
快気祝、叙勲・表彰・優勝


◎デパートなどでお買い物
◎旅館などの「お宿」探し
 旅館などの「お宿」探し (2)
◎愛車も家族

アマゾンで書籍選び

スポンサー

今週の宿予約
ガリバーの無料査定
オートウェイ

Profile

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode