Entry: main  << >>
3月27日は「さくらの日」
 平成4(1992)年、日本さくらの会が制定しました。
 日にちの由来は、3×9(さくら)=27の語呂合せです。
 さらに、七十二侯の中で、春分の次候「桜の花が咲き始める」の「桜始開」とも重なるからです。
 花 【日比谷花壇】桜の形をした花束・桜ペタロ「さくら咲く」

 花 花束「Congrats Bouquet=さくら=」(イイハナ)



 日本さくらの会は、次のように記しています。
 わが国の歴史や文化、風土と深くかかわってきた桜をとおして、日本の自然や文化について、国民の関心を高めるため、平成4年(1992年)から3月27日を「さくらの日」に制定 しました。

 サクラは、バラ科サクラ属サクラ亜属の落葉広葉樹です。 果実を食用とするだけでなく、花や葉を塩漬けにして食用にされています。
 全国各地には、稲作を始める時期を知るために、種まきサクラがあり、今でも大切にされています。
 でも、何といっても花見でしょう。
 サクラの時期になると、ウキウキするのは日本人だからでしょう。

 名称の由来は、「咲く」に複数を示す「ら」を付け加えてできたそうです。 古来よりサクラに関する記述は見られますが、春を告げる梅の花が優勢でした。
 貴族社会が終わり武士社会となったため、散り際の良いサクラが愛でられるようになったのでしょうか。
 「花は桜木、人は武士」ともいいますし・・・・
 一般庶民に普及したのは、将軍/徳川吉宗が庶民にも花見ができるようにと開放したからだそうです。
 頻繁に発生した火事によって、一晩ですべてを失ってしまうことから、"宵越しの金は持たない"といわれた江戸庶民の気持にもマッチしたのかも知れません。
 ただ、靖国神社から連想する「ぱっと咲き、さっと散る」の戦死や殉職の暗喩は避けたいものです。

 最近では、全国各地でサクラの植栽が増加し、サクラの名所も驚くほど増えています。 近くの花見も体験し、好きな観光地へもサクラの時期に合わせて、出掛けてみませんか。

≪関連した話題の書籍≫
読書 さくら桜 伊那高遠 美しき春
読書 椿・桜の育て方―晩冬~春を彩る花もの樹種 (KBムック 盆栽樹種別シリ〜
読書 北関の桜―栃木・群馬・茨城 名木・名所携帯図鑑
読書 サクラハンドブック
読書 京都桜名所 (Suiko books (119))

(30年3月19日)

最新の記事は、こちら。



Comment








Trackback

最新記事

最新の記事一覧は、こちらをクリックして下さい

お役立ちメモ 2

贈る品物選びに困ったら
故郷の名物を探す
お子さん、お孫さんへ
品物選びに「ランキング」
健康を贈る
お買い得、あれこれ
花について
添状の文例
 誕生日結婚記念日
 開店、開業、設立、発足
祝電の文例
初めてネット購入される方へ

お役立ちメモ

◎誕生日など毎年のお祝い
誕生日、結婚記念日
正月、人日の節句、節分
ひな祭り、春の彼岸、子供の日
母の日、父の日、七夕、お中元
夏休み、敬老の日、秋の彼岸
十五夜、お歳暮、クリスマ


◎出産から賀寿までのお祝い
着帯祝、出産、お宮参り
初節句、初誕生日、七五三
入学・卒業・合格・進学
十三参り、成人祝、就職、結婚
定年退職・引退、賀寿祝


◎時おり訪れるお祝い
昇進・栄転・転勤、転職、開店
上棟・新築・引越し、病気見舞
快気祝、叙勲・表彰・優勝


◎デパートなどでお買い物
◎旅館などの「お宿」探し
 旅館などの「お宿」探し (2)
◎愛車も家族

アマゾンで書籍選び

スポンサー

今週の宿予約
ガリバーの無料査定
オートウェイ

Profile

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode