Entry: main  << >>
6月16日は「和菓子の日」
 昭和54(1979)年、全国和菓子協会が制定しました。
 嘉祥元(848)年のこの日、蔓延していた疫病の退散を願った仁明天皇が年号を嘉祥と改め、神に餅や菓子を供えたとの故事からです。
  加賀紫雲石(セコム)


 その後も後嵯峨天皇は、この日に厄除けや健康の招福を願って菓子を食べる「嘉祥菓子」を吉例としました。
 室町時代には、年中行事となったようです。
 江戸時代の幕府は、「嘉祥頂戴」と呼ばれる御目見得以上の士分に菓子をプレゼントする儀式が行われています。庶民にも広がり、「嘉祥喰」と呼ばれる厄除けや健康の招福を祈願する行事が行われました。

 毎月の15日も「お菓子の日」です。
 昭和56(1981)年、全国菓子工業組合連合会(全菓連)が制定ました。
 制定した当時には、4月15日にお菓子の神を祀る和歌山の橘本神社と兵庫の中嶋神社で例大祭が行われていたことから、15日を記念日としました。

 和菓子とは、明治以降の洋菓子と区別される菓子で、日本の古来からの伝統的製造法で作られた菓子のことです。茶道で進歩したといわれており、油を使わない特徴があり、意外と健康に良い食べ物です。

 元々は米や小麦、小豆などを原料として砂糖は用いませんでした。
 素材の持つ繊細な味を楽しんでいたようです。
 砂糖を用いるようになったのは、江戸時代からです。
 甘くなったことで、和菓子としての種類も格段に増え、大きく発展しました。

 和菓子は、大きく分けて3種類に分類されます。
  ◇ 干菓子(ひがし) 水分20%以下、乾菓子(ひがし)とも記す
  ◇ 半生菓子    水分20%超〜40%未満
  ◇ 生菓子     水分40%以上(羊羹は30%以上)

 代表的なものは、饅頭でしょう。
 今川焼、きんつば、大福、たい焼き、団子、どら焼き、羊羹、最中など数え切れないほどの種類があります。
 飴、金華糖、煎餅、落雁も和菓子です。 季節が楽しみな椿餅、鶯餅、花見団子、桜餅、柏餅、ちまき、水羊羹、月見団子など懐かしい和菓子もあります。
 日本の習慣として深い意味のあるこの日には、ご自身やご家族、親しい人の健康を願って和菓子を贈ったり、食べましょう。

≪関連した話題の書籍≫
読書 電子レンジで簡単! ひんやり夏和菓子
読書 和の菓子
読書 和菓子 modern style
読書 手づくりで贈る ほめられ和菓子
読書 初めて作る かわいい練りきり和菓子

(30年6月7日)

最新の記事は、こちら。



Comment








Trackback

最新記事

最新の記事一覧は、こちらをクリックして下さい

お役立ちメモ 2

贈る品物選びに困ったら
故郷の名物を探す
お子さん、お孫さんへ
品物選びに「ランキング」
健康を贈る
お買い得、あれこれ
花について
添状の文例
 誕生日結婚記念日
 開店、開業、設立、発足
祝電の文例
初めてネット購入される方へ

お役立ちメモ

◎誕生日など毎年のお祝い
誕生日、結婚記念日
正月、人日の節句、節分
ひな祭り、春の彼岸、子供の日
母の日、父の日、七夕、お中元
夏休み、敬老の日、秋の彼岸
十五夜、お歳暮、クリスマ


◎出産から賀寿までのお祝い
着帯祝、出産、お宮参り
初節句、初誕生日、七五三
入学・卒業・合格・進学
十三参り、成人祝、就職、結婚
定年退職・引退、賀寿祝


◎時おり訪れるお祝い
昇進・栄転・転勤、転職、開店
上棟・新築・引越し、病気見舞
快気祝、叙勲・表彰・優勝


◎デパートなどでお買い物
◎旅館などの「お宿」探し
 旅館などの「お宿」探し (2)
◎愛車も家族

アマゾンで書籍選び

スポンサー

今週の宿予約
ガリバーの無料査定
オートウェイ

Profile

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode