Entry: main  << >>
4月12日は「パンの記念日」
 昭和58(1983)年、パン食普及協議会が制定しました。
 日にちの由来は、天保13(1842年に伊豆韮山代官の江川太郎左衛門英龍が、日本で初めてパン(乾パン)を焼き、軍用携帯食糧としたことからです。
 パン 「缶入りパン」6種セット - セシール
 パン 新食缶ベーカリー 黒糖 24個入り(小田急)
 パン 朝食が待ち遠しくなるパンくるみ2本(セコム)

 アヘン戦争をきっかけに中国が侵略されたのを知った徳川幕府は、外国の侵略に備えるため、保存と携帯性に優れている乾パンを作るように命じたからです。
 長崎のオランダ屋敷から、製パン技術を習いました、
 毎月12日も「パンの日」と制定しました。
 これとは別に、4月4日は「あんぱんの日」です。

 パンとは、小麦粉やライ麦粉、オオムギ粉、トウモロコシ粉などに、水とイースト菌の酵母、塩などを加え、発酵させた後に焼いたものです。
 紀元前8千年頃の古代メソポタミア地方では、堅い麦を石で挽いて粉状にし、水で煮て食べていたそうです。
 残すと酵母菌や乳酸菌により発酵してしまい、しばらくは腐ったものとして捨てられていました。
 ある時、焼いたところ、美味しいことを発見、パンの始まりです。

 日本へ伝わったのは、安土桃山時代にポルトガルの宣教師からですが、普及はしませんでした。
 徳川幕府の乾パンは、明治に入っても軍隊の携帯食に引き継がれ、あんぱんなどの菓子パンとして受け入れられました。
 今では、お菓子としてではなく、食パンが主食の1つにもなっています。

≪関連した話題の書籍≫
読書 「ブラフベーカリー」のパンをおうちで焼く
読書 フライパンで米粉パン 生地に混ぜて、包んで、のせて64レシピ
読書 冷蔵庫で作りおきパン いつでも焼きたて―週末生地を作って平日食べたい〜
読書 パンと料理 おいしく食べる最高の組み合わせ
読書 「365日」のパン暮らし 人気ブーランジェ・杉窪章匡が教える
(30年4月4日)

最新の記事は、こちら。



Comment








Trackback

最新記事

最新の記事一覧は、こちらをクリックして下さい

お役立ちメモ 2

贈る品物選びに困ったら
故郷の名物を探す
お子さん、お孫さんへ
品物選びに「ランキング」
健康を贈る
お買い得、あれこれ
花について
添状の文例
 誕生日結婚記念日
 開店、開業、設立、発足
祝電の文例
初めてネット購入される方へ

お役立ちメモ

◎誕生日など毎年のお祝い
誕生日、結婚記念日
正月、人日の節句、節分
ひな祭り、春の彼岸、子供の日
母の日、父の日、七夕、お中元
夏休み、敬老の日、秋の彼岸
十五夜、お歳暮、クリスマ


◎出産から賀寿までのお祝い
着帯祝、出産、お宮参り
初節句、初誕生日、七五三
入学・卒業・合格・進学
十三参り、成人祝、就職、結婚
定年退職・引退、賀寿祝


◎時おり訪れるお祝い
昇進・栄転・転勤、転職、開店
上棟・新築・引越し、病気見舞
快気祝、叙勲・表彰・優勝


◎デパートなどでお買い物
◎旅館などの「お宿」探し
 旅館などの「お宿」探し (2)
◎愛車も家族

アマゾンで書籍選び

スポンサー

今週の宿予約
ガリバーの無料査定
オートウェイ

Profile

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode