Entry: main  << >>
1月15日は「いちごの日」
 全国いちご消費拡大協議会が制定しました。
 日にちの由来は、「いい(1)いち(1)ご(5)」の語呂合せです。
   <スルー>苺の宝石箱 S-35 アイスクリーム・シャーベット(小田急)

   春摘み苺アイス(JAL)
   <彩果の宝石> 苺缶 【三越・伊勢丹/公式】

 毎月の15日も「いちごの日」です。
 食べ物のいちごとは無関係ですが、いちご世代と称される高校受験生である15歳の少年少女にやる気を出さすために、学習塾が定めた1月5日も「いちごの日」です。
 いずれも「いち(1)ご(5)」の語呂合せです。

 原産地は、北米東部と南米チリです。
 日本に伝来したのは、江戸時代末で、ヨーロッパに伝わって品種改良され「オランダいちご」と呼ばれていました。
 年間出荷量は、栃木県が第1位、次いで福岡県と続きます。
 代表的な品種は、栃木県を中心とした関東産の「女峰」と、福岡を中心とした九州産の「とよのか」です。
 両者で、全国の出荷の9割を占めています。
 その他にも、宝交早生、 アイベリー、とちおとめ、さがほのか、章姫、とちひめ、あまおう、紅ほっぺなども人気です。
 本来の旬は、4月〜5月なのですが、今では一年中、出回っています。
 流通しているイチゴの大半は、ハウス栽培によるものです。
 家庭菜園でも容易に栽培できるため、昔は自家用として庭の片隅に栽培していたものです。

 新鮮なものは、光沢があって、ヘタがしっかりしているかが、選ぶときのポイントです。
 ヘタを取らずに洗い、洗った後に取りましょう。
 水っぽくならずにすみます。
 栄養的にはビタミンC(アスコルビン酸)が豊富で、生の大粒を5粒ほど食べると1日の必要摂取量が摂取できます。
 甘みである果糖とブドウ糖はエネルギーとなり、酸味のクエン酸とリンゴ酸が疲労回復に作用しで、特に脳の活性化に効果があります。
 意外なものとしては、キシリトールも豊富に含まれています。

 ショートケーギ、特にクリスマスケーキには欠かせないものですが、ジャムやジュースにしたり、アイスクリームに練りこまれたりもします。
 昭和61(1986)年に登場した「イチゴ大福」はブームに終わらず、和菓子として定着しました。

 こよなく好まれているいちごなのに、「苺」の漢字が常用漢字や人名漢字に入っていないのが不思議です。
<「毎月15日は"いちごの日"」と併記>


(31年1月2日)

最新の記事は、こちら。



Comment








Trackback

最新記事

最新の記事一覧は、こちらをクリックして下さい

お役立ちメモ 2

贈る品物選びに困ったら
故郷の名物を探す
お子さん、お孫さんへ
品物選びに「ランキング」
健康を贈る
お買い得、あれこれ
花について
添状の文例
 誕生日結婚記念日
 開店、開業、設立、発足
祝電の文例
初めてネット購入される方へ

お役立ちメモ

◎誕生日など毎年のお祝い
誕生日、結婚記念日
正月、人日の節句、節分
ひな祭り、春の彼岸、子供の日
母の日、父の日、七夕、お中元
夏休み、敬老の日、秋の彼岸
十五夜、お歳暮、クリスマ


◎出産から賀寿までのお祝い
着帯祝、出産、お宮参り
初節句、初誕生日、七五三
入学・卒業・合格・進学
十三参り、成人祝、就職、結婚
定年退職・引退、賀寿祝


◎時おり訪れるお祝い
昇進・栄転・転勤、転職、開店
上棟・新築・引越し、病気見舞
快気祝、叙勲・表彰・優勝


◎デパートなどでお買い物
◎旅館などの「お宿」探し
 旅館などの「お宿」探し (2)
◎愛車も家族

アマゾンで書籍選び

スポンサー

今週の宿予約
ガリバーの無料査定
オートウェイ

Profile

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode