Entry: main  << >>
1月11日は「塩の日」
 永禄11(1569)年のこの日、上杉謙信が、戦闘中に相手の武田信玄側に越後の塩をおくりました。
  海の香りがする藻塩5袋(セコム)

  海人の藻塩2個セット

 海に面していない山国の武田側の領民が、塩の供給ルートであった駿河湾の今川氏によって塩を絶たれ、苦しんでいると聞き及んだからです。
 後に、ここから「敵に塩を送る」という言葉が生れています。

 塩は、調味料などとして直接摂取するだけでなく、味噌・しょう油、漬物などに欠かせないものです。
 岩塩の資源が乏しく、降水量が多い"瑞穂の国"のため、現在では自給率が20%を下回っています。
 昔から、「藻塩焼く」「玉藻刈る」などの言葉があるように、天日で乾燥した海草の表面に現れた塩の結晶を採取したりと、貴重なものでした。
 大切に育て上げる意味の「手塩に掛ける」が、昔の塩に対する想いがうかがえます。
 
≪関連した話題の書籍≫
読書 食べてよい塩、悪い塩 (豊かで楽しく健やかにLIFEシリーズ)
読書 日本と世界の塩の図鑑
読書 日本一の「塩屋」が選んだ塩101: あわせる食材がわかる「味わいデータ」
読書 塩の事典
読書 塩の日本史 (雄山閣アーカイブス)

(30年12月27日)

最新の記事は、こちら。



Comment








Trackback

最新記事

最新の記事一覧は、こちらをクリックして下さい

お役立ちメモ 2

贈る品物選びに困ったら
故郷の名物を探す
お子さん、お孫さんへ
品物選びに「ランキング」
健康を贈る
お買い得、あれこれ
花について
添状の文例
 誕生日結婚記念日
 開店、開業、設立、発足
祝電の文例
初めてネット購入される方へ

お役立ちメモ

◎誕生日など毎年のお祝い
誕生日、結婚記念日
正月、人日の節句、節分
ひな祭り、春の彼岸、子供の日
母の日、父の日、七夕、お中元
夏休み、敬老の日、秋の彼岸
十五夜、お歳暮、クリスマ


◎出産から賀寿までのお祝い
着帯祝、出産、お宮参り
初節句、初誕生日、七五三
入学・卒業・合格・進学
十三参り、成人祝、就職、結婚
定年退職・引退、賀寿祝


◎時おり訪れるお祝い
昇進・栄転・転勤、転職、開店
上棟・新築・引越し、病気見舞
快気祝、叙勲・表彰・優勝


◎デパートなどでお買い物
◎旅館などの「お宿」探し
 旅館などの「お宿」探し (2)
◎愛車も家族

アマゾンで書籍選び

スポンサー

今週の宿予約
ガリバーの無料査定
オートウェイ

Profile

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode