Entry: main  << >>
端午の節句
 男の子の健やかな成長を祝い、祈る昔からの風習です。
【クイズ】 なぜ、柏餅を食べるのでしょうか?
       イ. 家系が絶えないように
       ロ. 頭脳明晰な子に育つように

 嬉しい 子供の日には、真多呂人形で盛大なお祝いを。



 「端」とは、「物のはし」、つまり「始り」という意味です。
 旧暦の十二支で5月は「午の月」のため、5月の最初の「午の日」を節句として祝っていました。
 その後に、「午」は「五」の発音と同じことから、5月5日を「端午の節句」と呼ぶようになったようです。

 端午の節句は、菖蒲の節句ともいいます。
 中国では、菖蒲に邪気を祓う"力"があると信じられていたため、この日に菖蒲の束を浮かべた"菖蒲湯"に入るようになりました。 菖蒲を軒に吊るして、邪気を祓う風習を続けている地方もあります。 

 鯉のぼりは、立身出世を願う親子心でしょう。
 鯉のぼりの代表的姿は、3匹の鯉と、5色の吹き流しです。
 5色の吹き流しの色は、五行思想に由来しています。
 古代中国では、すべての物は「木・火・土・金・水」の5種類の元素から構成されているとの思想がありました。

 鎧兜には、災難や邪気から男の子の身体を守り、健やかに成長して欲しいと願う意味合いです。
 また、菖蒲の葉の形が「剣」に似ていることと、「尚武(ショウブ)」に通じる、とされたからです。

 現在の日本でも風習が残っていることは、子を想う親の心は、昔も今も変わらないからでしょう。
 親族みんなで、お祝いをしましょう。

【答え】 イ.
 柏の木の葉は、新芽が出るまで古い葉が落ちないことから、"家系が絶えない"との縁起物として広まりました。
 柏餅を食べる風習は、日本で生まれた独自の習慣です。
 なお、粽(ちまき)を食べる習慣は、中国の故事によるものです。

≪関連した話題の書籍≫
読書 子供を祝う 端午の節句と雛祭 (淡交新書)
読書 どうする?子供のお祝い―命名・お宮参り・端午の節句・ひな祭り
読書 刺しゅうで飾る 桃の節句と端午の節句
読書 雛まつりと端午の節句
読書 節句のおりがみ: お雛様、兜、七夕飾りなど五節句で使える40点

(29年4月20日)

最新の記事は、こちら。

  


Comment








Trackback

最新記事

最新の記事一覧は、こちらをクリックして下さい

お役立ちメモ 2

贈る品物選びに困ったら
故郷の名物を探す
お子さん、お孫さんへ
品物選びに「ランキング」
健康を贈る
お買い得、あれこれ
花について
添状の文例
 誕生日結婚記念日
 開店、開業、設立、発足
祝電の文例
初めてネット購入される方へ

お役立ちメモ

◎誕生日など毎年のお祝い
誕生日、結婚記念日
正月、人日の節句、節分
ひな祭り、春の彼岸、子供の日
母の日、父の日、七夕、お中元
夏休み、敬老の日、秋の彼岸
十五夜、お歳暮、クリスマ


◎出産から賀寿までのお祝い
着帯祝、出産、お宮参り
初節句、初誕生日、七五三
入学・卒業・合格・進学
十三参り、成人祝、就職、結婚
定年退職・引退、賀寿祝


◎時おり訪れるお祝い
昇進・栄転・転勤、転職、開店
上棟・新築・引越し、病気見舞
快気祝、叙勲・表彰・優勝


◎デパートなどでお買い物
◎旅館などの「お宿」探し
 旅館などの「お宿」探し (2)
◎愛車も家族

アマゾンで書籍選び

スポンサー

今週の宿予約
ガリバーの無料査定
オートウェイ

Profile

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode