Entry: main  << >>
11月23日は「手袋の日」
 昭和56(1981)年、日本手袋工業組合が制定しました。
 寒い冬を迎え手袋の季節となる中、祝日の勤労感謝の日を記念日にしました。
   だんだん割り 発熱手袋エクス(2双組)(セシール)


 手袋としては、古代ギリシア時代には使われていたようです。
 古代エジプトのツタンカーメン王の墓からも、麻製の手袋が見つかっています。エジプト考古学博物館に所蔵されています。
 神話では、美少年/アドーニスと戯れていたビーナスが、イバラのトゲを刺したのを見て手袋を考えたそうです。その時に流れた血によって、赤いバラが出来たそうです。
 記録としては、紀元前440年のホメーロス「オデュッセイア」の中に、オデュッセウスの父/ラーエルテースが手袋をしています。
 ヘロドトスの「歴史」にも出ています。
 その後は、ヨーロッパを中心に防寒だけでなく、宗教などの儀式、ファッションへと用途は広がります。
 16世紀のエリザベス1世の時代には、皇帝や貴族などの¥徽章の一部となって、宝石や刺繍などがちりばめられました。
 日常品のみならず、埋葬品としても用いられました。
 貴族の女性は、白い帽子と白の手袋を着用していたようです。

 日本では、鎌倉時代から武士が着用した篭手(こて)がありました。
 西洋式の手袋は、16世紀の中頃にポルトガルから伝わりました。
 現在では、国内製手袋の約90%が香川県産ですが、全体量からみると大半が中国製です。
 今や手軽に買い求める時代ですが、お母さんが編んでくれた手袋を懐かしく思う人も多いでしょう。
「かあさんが夜なべをして 手ぶくろ編んでくれた
 こがらし吹いちゃ つめたかろうて せっせと編んだだよ 〜〜〜」


 手袋は、俳句の冬である12月の季語ともなっています。
 上手に使って、暖かい冬をおくりましょう。

≪関連した話題の書籍≫
読書 和文様の編み込みミトン&手袋
読書 手編みのカラフル指なし手袋: シンプルだから初心者でも簡単!
読書 すぐ編めて、すぐ使える! シンプルな指なし手袋とリストウォーマー
読書 手編みの指なし手袋&リストウォーマー
読書 手編みのてぶくろ

(30年11月14日)

最新の記事は、こちら。



Comment








Trackback

最新記事

最新の記事一覧は、こちらをクリックして下さい

お役立ちメモ 2

贈る品物選びに困ったら
故郷の名物を探す
お子さん、お孫さんへ
品物選びに「ランキング」
健康を贈る
お買い得、あれこれ
花について
添状の文例
 誕生日結婚記念日
 開店、開業、設立、発足
祝電の文例
初めてネット購入される方へ

お役立ちメモ

◎誕生日など毎年のお祝い
誕生日、結婚記念日
正月、人日の節句、節分
ひな祭り、春の彼岸、子供の日
母の日、父の日、七夕、お中元
夏休み、敬老の日、秋の彼岸
十五夜、お歳暮、クリスマ


◎出産から賀寿までのお祝い
着帯祝、出産、お宮参り
初節句、初誕生日、七五三
入学・卒業・合格・進学
十三参り、成人祝、就職、結婚
定年退職・引退、賀寿祝


◎時おり訪れるお祝い
昇進・栄転・転勤、転職、開店
上棟・新築・引越し、病気見舞
快気祝、叙勲・表彰・優勝


◎デパートなどでお買い物
◎旅館などの「お宿」探し
 旅館などの「お宿」探し (2)
◎愛車も家族

アマゾンで書籍選び

スポンサー

今週の宿予約
ガリバーの無料査定
オートウェイ

Profile

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode