Entry: main  << >>
11月15日は「かまぼこの日」
 昭和58(1983)年、全国蒲鉾水産加工業協同組合連合会が制定しました。
 日にちの由来は、永久3(1115)年の祝宴の図に描かれていた膳にカマボコが載っていることから、西暦の「1115」にちなんだものです。
 紅白のカマボコを飾って祝う「七五三の日」でもあります。
  鳥津さんのじゃこ天塩セコム)


 カマボコは、日本で生まれた加工食品です。
 ずいぶん昔から考案されていたようですが、記録に登場するのは、前記の平安時代初期からです。
 魚のすり身を、棒の先に付けて焼いて食べていたようです。
 この形が植物の蒲の穂に似ていることから、「がまのほ」と呼ばれ、後に「カマボコ(蒲鉾)」と呼ばれるようになりました。

 すり身を作る時に、頭や内臓などを取って水洗いするため、美しい白い色になります。
 カマボコには板が付いていますが、蒸し冷す時に水分を吸うため、日持ちするだけでなく、味も濃くなり旨さが増します。
 基本的には蒸して作りますが、焼けば「笹かまぼこ、ちくわ」などになり、揚げれば「さつまあげ」、ゆでれば「はんぺん、なると、つみれ」などになります。
 魚大好きの日本人にとって、欠くことのできない物です。
 最大の産地は仙台市で、次いで長崎市ですが、地方により様々に変化しており、お国自慢の味の一つでもあります。

 近年の食の洋風化による肥満や生活習慣病が増える中、良質なたんぱく質で低脂肪のヘルシーなカマボコが見直されています。
 たん白質などは卵に匹敵するほどで、触感からは想像できないほど消化の良い食品でもあります。

 これから"おでん"などが美味しい季節、大いに味わいましょう。

≪関連した話題の書籍≫
読書 今日のおでんが元気とキレイを作る! 全国のおでん 厳選30 ―おでんの〜
読書 カニカマ100皿
読書 かまぼこをまいにち食べて健康になる
読書 一正蒲鉾のかにかまサラダスティックレシピ (ミニCookシリーズ)
読書 かまぼこができるまで (すがたをかえる たべものしゃしんえほん)

(30年11月7日)

最新の記事は、こちら。




Comment








Trackback

最新記事

最新の記事一覧は、こちらをクリックして下さい

お役立ちメモ 2

贈る品物選びに困ったら
故郷の名物を探す
お子さん、お孫さんへ
品物選びに「ランキング」
健康を贈る
お買い得、あれこれ
花について
添状の文例
 誕生日結婚記念日
 開店、開業、設立、発足
祝電の文例
初めてネット購入される方へ

お役立ちメモ

◎誕生日など毎年のお祝い
誕生日、結婚記念日
正月、人日の節句、節分
ひな祭り、春の彼岸、子供の日
母の日、父の日、七夕、お中元
夏休み、敬老の日、秋の彼岸
十五夜、お歳暮、クリスマ


◎出産から賀寿までのお祝い
着帯祝、出産、お宮参り
初節句、初誕生日、七五三
入学・卒業・合格・進学
十三参り、成人祝、就職、結婚
定年退職・引退、賀寿祝


◎時おり訪れるお祝い
昇進・栄転・転勤、転職、開店
上棟・新築・引越し、病気見舞
快気祝、叙勲・表彰・優勝


◎デパートなどでお買い物
◎旅館などの「お宿」探し
 旅館などの「お宿」探し (2)
◎愛車も家族

アマゾンで書籍選び

スポンサー

今週の宿予約
ガリバーの無料査定
オートウェイ

Profile

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode