Entry: main  << >>
11月5日は「いいりんごの日」
 平成13(2001)年、青森県が制定しました。
 青森県庁のホームページにも、しっかり載っています。
 日にちの由来は、「いい(11)りんご(5)」の語呂合わせです。
 赤りんご パティスリールイのリンゴのタルト(セコム)

 長野県も、11月22日を「長野県りんごの日」に定めています。
 長野の主なりんごの品種は「ふじ」であることから、「11(いい)22(ふじ)」の語呂合わせです。

 生産量の多い品種は、「ふじ」です。
 昭和14(1939)年、青森県農林省の試験場で、「国光」と「デリシャス」の交配種として誕生しました。
 海外にも輸出され、全世界で最も多く栽培されている品種です。

 当初は「東北七号」と呼ばれていましたが、昭和37(1962)年に「ふじ」と名付けられました。
 青森県藤崎町の「藤」と「富士山」にちなんだそうです。
 次いで生産量が多いのが「デリシャス」ですが、7,500以上の品種が栽培されています。
 いかに、好まれている果物かの証明でしょう。

 食物繊維のほか栄養価も高く、ビタミンC、ミネラル、カリウムが豊富で、最近ではリンゴポリフェノールが注目を浴びています。
 「りんごの季節は医者いらず」とも言われます。
 保存性も良く、ほぼ1年中、出回っていますし、生のままだけでなくジャムや、ジュース、アップルパイ、リンゴ酒(シードル)など様々に加工されます。
 縁日での「リンゴ飴」を懐かしく思う人も、少なくないのではないでしょうか。

 原産地は、カザフスタン南部、キルギスタン、中国/新疆ウイグル自治区など中央アジアの山岳地帯の寒冷地です。
 暑さに弱く、熱帯での栽培が難しい数少ない果物です。
 トルコの遺跡からは、炭化した紀元前6000年頃のリンゴが発見されています。
 引力を発見したニュートンのリンゴ、ウィリアム・テルが射ぬいたリンゴと、話題にも事欠きません。
 リンゴの嫌いな方でも「アップル・コンピュータ」の愛用者も多い?!

 ともあれ、自然の恵みを大いに味わいましょう。

≪関連した話題の書籍≫
読書 りんご、レモン、いちご、栗のお菓子と料理
読書 りんごのお菓子 (天然生活ブックス)
読書 リンゴのお酒 シードルをつくる: ミードとフルーツビールも
読書 平野顕子の アップルパイ・バイブル
読書 林檎の力

(30年10月27日)

最新の記事は、こちら。



Comment








Trackback

最新記事

最新の記事一覧は、こちらをクリックして下さい

お役立ちメモ 2

贈る品物選びに困ったら
故郷の名物を探す
お子さん、お孫さんへ
品物選びに「ランキング」
健康を贈る
お買い得、あれこれ
花について
添状の文例
 誕生日結婚記念日
 開店、開業、設立、発足
祝電の文例
初めてネット購入される方へ

お役立ちメモ

◎誕生日など毎年のお祝い
誕生日、結婚記念日
正月、人日の節句、節分
ひな祭り、春の彼岸、子供の日
母の日、父の日、七夕、お中元
夏休み、敬老の日、秋の彼岸
十五夜、お歳暮、クリスマ


◎出産から賀寿までのお祝い
着帯祝、出産、お宮参り
初節句、初誕生日、七五三
入学・卒業・合格・進学
十三参り、成人祝、就職、結婚
定年退職・引退、賀寿祝


◎時おり訪れるお祝い
昇進・栄転・転勤、転職、開店
上棟・新築・引越し、病気見舞
快気祝、叙勲・表彰・優勝


◎デパートなどでお買い物
◎旅館などの「お宿」探し
 旅館などの「お宿」探し (2)
◎愛車も家族

アマゾンで書籍選び

スポンサー

今週の宿予約
ガリバーの無料査定
オートウェイ

Profile

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode