Entry: main  << >>
9月6日は「鹿児島黒牛・黒豚の日」
 平成10(1998)年、鹿児島黒牛黒豚銘柄販売促進協議会が、鹿児島の黒牛と黒豚をアピールするために制定しました。
 日にちの由来は、「く(9)ろ(6)」の語呂合わせです。
  黒豚の赤ワイン漬8枚(セコム)

  黒豚コロッケ
  黒豚ロースハム

 鹿児島黒牛の品種は黒毛和種で、黒豚はバークシャー種です。
 黒豚は、六白(ろっぱく)とも呼ばれており、「かごしま黒豚」の名は商標登録されています。
 今では、黒牛も黒豚も、全国各地で飼育・生産されています。
 一般的には、東日本では豚肉が好まれ、近畿地方では牛肉が多く食べられているようです。

 8千年以上前からユーラシア大陸で、家畜していたイノシシから、今の豚が誕生しました。
 日本でも、弥生時代から食用にしていたようで、遺跡から多くの骨が出土しています。
 日本書紀や古事記には、「猪養」「猪飼」「猪甘」などの記述があり、漢字の「猪」は「豚」の意味ですから、すでに豚が飼われていたようです。
 その後、天武天皇5(675)年、肉食禁止令が出されました。
 この令は、ウシ・ウマ・ニホンザル・ニワトリ・イヌの5畜であって、豚は含まれておらず、食の禁止期間も旧暦の4月1日から9月30日までの間だったのですが、豚も含めて徐々に食されなくなりました。
 
 戦国時代にやって来たキリスト教イエズス会の宣教師たちが、肉食の慣習を日本に持ち込んだため、また食べるようになりました。
 毎年、将軍に献上されていた牛肉味噌漬は、「薬喰い」と呼んでいたようです。

 食肉には、「ヘム鉄」と呼ばれる吸収力に優れた鉄分が含まれており、動物性タンパク質、亜鉛、ビタミンB群など、健康な身体を維持する重要な栄養素が豊富に含まれています。
 適度に摂取して、夏バテを解消しましょう。

≪関連した話題の書籍≫
読書 かごしまの味―おばあちゃんの知恵袋特別編
読書 鹿児島共和国のオキテ100ヵ条〜豚も牛もカシワも「黒」を食べるべし!〜
読書 うまい肉の科学 牛・豚・鶏・羊・猪・鹿・馬まで肉好きなら読まずには〜
読書 使える豚肉レシピ: 薄切り肉も、厚切り肉も、塊肉、挽き肉もおまかせ〜

(30年8月28日)

最新の記事は、こちら。



Comment








Trackback

最新記事

最新の記事一覧は、こちらをクリックして下さい

お役立ちメモ 2

贈る品物選びに困ったら
故郷の名物を探す
お子さん、お孫さんへ
品物選びに「ランキング」
健康を贈る
お買い得、あれこれ
花について
添状の文例
 誕生日結婚記念日
 開店、開業、設立、発足
祝電の文例
初めてネット購入される方へ

お役立ちメモ

◎誕生日など毎年のお祝い
誕生日、結婚記念日
正月、人日の節句、節分
ひな祭り、春の彼岸、子供の日
母の日、父の日、七夕、お中元
夏休み、敬老の日、秋の彼岸
十五夜、お歳暮、クリスマ


◎出産から賀寿までのお祝い
着帯祝、出産、お宮参り
初節句、初誕生日、七五三
入学・卒業・合格・進学
十三参り、成人祝、就職、結婚
定年退職・引退、賀寿祝


◎時おり訪れるお祝い
昇進・栄転・転勤、転職、開店
上棟・新築・引越し、病気見舞
快気祝、叙勲・表彰・優勝


◎デパートなどでお買い物
◎旅館などの「お宿」探し
 旅館などの「お宿」探し (2)
◎愛車も家族

アマゾンで書籍選び

スポンサー

今週の宿予約
ガリバーの無料査定
オートウェイ

Profile

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode