Entry: main  << >>
3月3日は「ひな祭り」
 古来より、紙で小さな人形を作り、飾ったりして遊ぶ「ひいな遊び」という貴族社会の遊びでした。
 後に、昔からの季節の変わり目に体を清め厄を祓うという習慣と、古代中国から伝わった厄を祓う「上巳の節句」と結びつき、一生の災厄をこの人形に身代りとして川へ流し、女の子の初節句を祝う行事になりました。
お好みの雛人形は、こちらで。

                       → ひな祭りの絵本
 「ひな」とは、小さいものという意味です。
 江戸時代に大奥で取り入れられてから庶民に広がり、天正年間以降に「ひいな遊び」が「ひな祭り」に変わりました。
 女の子の、すこやかな成長を祈願する行事としてです。
 ひな市も開催され、大変なにぎわいを見せていたそうです。
 飾り付けも、縁起のよい奇数の3段飾り、5段、7段飾りというように豪華になっていきます。

 「流し雛」のという祓い神事の人形であったため、「雛祭を過ぎても飾っていると、結婚が遅れる」という事も、ここから生まれました。
 旧暦の上巳の日の節句が、後に、3月3日に行われるようになりました。 桃の花が咲く季節であるため、「桃の節句」とも呼びます。
 明治以降にグレゴリオ暦となりましたが、今でも、旧暦で祝う地域もあります。

 ひな祭りには、桃の花や白酒を供える習わしですが、桃の花には魔よけがあり、白酒には百病を除くといわれるからです。
 災厄の身代わりに川や海へ流す禊ぎの「流しびな」も、形こそ違うものの全国各地で根強く残っています。

≪関連した話題の書籍≫
読書 ひなまつりにおひなさまをかざるわけ (行事の由来えほん)
読書 親子で楽しむ 12ヵ月のキッズイベント (講談社の実用BOOK)
読書 節句のおりがみ: お雛様、兜、七夕飾りなど五節句で使える40点
読書 行事のおはなし12か月
読書 子どもに伝えたい 春夏秋冬 和の行事を楽しむ絵本

(29年2月27日)

最新の記事は、こちら。



Comment








Trackback

最新記事

最新の記事一覧は、こちらをクリックして下さい

お役立ちメモ 2

贈る品物選びに困ったら
故郷の名物を探す
お子さん、お孫さんへ
品物選びに「ランキング」
健康を贈る
お買い得、あれこれ
花について
添状の文例
 誕生日結婚記念日
 開店、開業、設立、発足
祝電の文例
初めてネット購入される方へ

お役立ちメモ

◎誕生日など毎年のお祝い
誕生日、結婚記念日
正月、人日の節句、節分
ひな祭り、春の彼岸、子供の日
母の日、父の日、七夕、お中元
夏休み、敬老の日、秋の彼岸
十五夜、お歳暮、クリスマ


◎出産から賀寿までのお祝い
着帯祝、出産、お宮参り
初節句、初誕生日、七五三
入学・卒業・合格・進学
十三参り、成人祝、就職、結婚
定年退職・引退、賀寿祝


◎時おり訪れるお祝い
昇進・栄転・転勤、転職、開店
上棟・新築・引越し、病気見舞
快気祝、叙勲・表彰・優勝


◎デパートなどでお買い物
◎旅館などの「お宿」探し
 旅館などの「お宿」探し (2)
◎愛車も家族

アマゾンで書籍選び

スポンサー

今週の宿予約
ガリバーの無料査定
オートウェイ

Profile

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode