Entry: main  << >>
お歳暮
 1年の間で最大の贈り物イベント「お歳暮」を贈りましょう。
 日ごろ贈り物に無頓着の人でも、100%近い人が利用している定着した慣習でもあります。
 両親、義父母、仲人、親類、会社の上司などは当然ですが、仲のいい友人や同僚、お世話になった身近な人に感謝の気持ちを伝える機会として、お歳暮を活用して、より良い関係を築きましょう。
2017年 小田急のお歳暮三越・伊勢丹オンラインストア
三越・伊勢丹オンラインストアセコムの食


お年玉 ≪ 歴 史 ≫
 元々、分家や嫁いだ人が本家や親元に出向き、新年に先祖の霊を迎えるための供物を持って行く「歳暮の礼」という行事でした。
 中国から入ってきた「上元、中元、下元」が、日本古来の祖先の霊を供養する行事として定着したのが「お歳暮」「お中元」の原型です。
 やがて、両親への贈りものという習慣になっていきました。
 江戸時代に入り、掛け売りの決裁を盆と暮れに行う習わしと相まって、お世話になった人への贈りものとして、盛んにおこなわれるようになりました。 暮れの20日ごろから30日までに持参するものを、お歳暮といっていたようです。
 その後、日ごろお世話になっている人に対して、感謝の気持ちを込めて年末に贈る行事となっています。

お年玉 ≪ 時 期 ≫
 正月祝いの準備を始める「事始め」の12月13日から25日ごろまでに送るのが一般的です。 年々早くなっており、11月中旬に送るのも珍しくないようです。 12月31日まで良いとされていますが、20日までには届けるようにしましょう。
 年が明けて正月の松の内なら、「お年賀」として贈ります。
 松の内に間に合わなかったら、2月4日の立春までに、「寒中お見舞い」とします。

お年玉 ≪ 金 額 ≫
 平均的な金額は、4,000円〜5,000円です。
 お中元より少し高めで、お中元の2、3割増が目安です。
  ・特別に世話になっている人には、5,000円〜10,000円程度
  ・仲人やお世話になっている上司には、5,000円前後
  ・親戚、知人には3,000〜4,000円程度
 でも、あまり金額にとらわれる必要はありません。
 逆に、あまり高価なものを贈りすぎて、受け取る側の負担になるのは考えものです。
 要は気持で、贈らないより贈ることです。

 お年玉 ≪ 品 物 ≫
 新しい年を迎えるのに必要な物を贈ります。
 基本的には、相手が喜んでいただける品物です。
 好みが分からない相手には、人気ベスト商品が無難です。
 上位は、例年あまり変わりはありません。
 王冠2 ビール、ウィスキー、コーヒー、ジュース
    最近は、日本酒、焼酎も多いようです。
    アルコールの好きな方には定番です。
    飲まない方には、コーヒーやジュース類が人気です。
 王冠2 ハム・ソーセージの詰め合わせ
    育ち盛りの子どもがいる家には最適です。
    クール便の発達により、魚介類や牛肉なども増えました。
 王冠2 洗剤、調味料
    どの家庭でも必要な物なので無難です。
    通常よりもチョット高級のものを選びましょう。
 王冠2 お好きな品が選べるカタログギフト
    最近では利用が増えており、旬の味わい物や全国のグルメ品
   を選べるものが人気です。
    たくさんの方からいただく相手には、良いようです。
王冠2 クッキーやフルーツゼリー
    素材を厳選したものや、食物繊維など健康を意識したものが
   喜ばれています。

お年玉 ≪ マ ナ ー ≫  → 【文例】
 この1年間にお世話になったお宅に訪問して、感謝の御礼を述べる際に持参した贈り物を「歳暮」と呼んでいました。
 現代では、贈り物をする習慣そのものを示し、百貨店などから直送することがほとんどとなっています。
 挨拶状を同封するか、荷物が届くころに、別にハガキを出しておきましょう。 内容は、さらりと書くのが基本です。
 特に生鮮食料品などを送る場合は、知らせる意味でも、品物を着く前に挨拶状が着くように出しましょう。
 世話になっている人への"お礼"であって、"お祝い"ではありませんので、お返しの必要はありません。 目下の人から目上の人に贈るのが一般的なので、お返しはしないのが普通です。
 友人などの場合は、人間関係をより良くするために、同程度の物をお返ししましょう。
 お返しはしなくとも、ていねいに書いた礼状は出します。
 単に贈られた品物に対してだけではなく、相手の心遣いに対する感謝を忘れないようにしましょう。
 友人や目下の人には電話やメールでも良いとされています。



≪関連した話題の書籍≫
読書 50代からの冠婚葬祭きちんとマナー (主婦の友生活シリーズ ゆうゆうLife)
読書 箱詰めおやつの贈りもの: お歳暮、暦菓子、イベント 手みやげ、持ち寄り〜
読書 決定版 「贈る」と「お返し」のマナー (ビジュアルマナーシリーズ)
読書 これ1冊でカンペキ!図解 日本のしきたりがよくわかる本
読書 冠婚葬祭・暮らしのマナーブック―(実用BEST BOOKS)

(29年11月26日)

最新の記事は、こちら。



Comment








Trackback

最新記事

最新の記事一覧は、こちらをクリックして下さい

お役立ちメモ 2

贈る品物選びに困ったら
故郷の名物を探す
お子さん、お孫さんへ
品物選びに「ランキング」
健康を贈る
お買い得、あれこれ
花について
添状の文例
 誕生日結婚記念日
 開店、開業、設立、発足
祝電の文例
初めてネット購入される方へ

お役立ちメモ

◎誕生日など毎年のお祝い
誕生日、結婚記念日
正月、人日の節句、節分
ひな祭り、春の彼岸、子供の日
母の日、父の日、七夕、お中元
夏休み、敬老の日、秋の彼岸
十五夜、お歳暮、クリスマ


◎出産から賀寿までのお祝い
着帯祝、出産、お宮参り
初節句、初誕生日、七五三
入学・卒業・合格・進学
十三参り、成人祝、就職、結婚
定年退職・引退、賀寿祝


◎時おり訪れるお祝い
昇進・栄転・転勤、転職、開店
上棟・新築・引越し、病気見舞
快気祝、叙勲・表彰・優勝


◎デパートなどでお買い物
◎旅館などの「お宿」探し
 旅館などの「お宿」探し (2)
◎愛車も家族

アマゾンで書籍選び

スポンサー

今週の宿予約
ガリバーの無料査定
オートウェイ

Profile

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode