Page: 1/1   
誕生日など毎年のお祝い
 正月祝から始まり、節句などの様々な祝い事が、毎年あります。
 その中でも「誕生日」と「結婚記念日」は、大切なものです。
 家庭での誕生祝いは、家族である喜びを再認識させてくれます。
 結婚記念の日には、出会いのころを思い出し、祝いましょう。
            → 「出産から賀寿までのお祝い」は、こちら
            → 「時おり訪れるお祝い」は、こちら

≪誕生日≫
 毎年迎える記念日の中で、一番のイベントです。
 生まれたからこそ毎年訪れるこの日、大切にしましょう。
 くれぐれも、相方の誕生日は忘れないように。
   プレゼント 誕生日ギフト 特集【イイハナ・ドットコム】
   プレゼント 1番人気!お花の宝石箱「誕生石シリーズ」(日比谷花壇)

≪結婚記念日≫
 結婚した日の時の"想い"を忘れずに、夫婦仲良く、末永く元気に暮らしましょう。
   プレゼント 2人で歩んできた日々を祝って「結婚記念日ギフト」(日比谷花壇)

≪正月≫
 新しい年の幕開けの日です。 初詣で1年の無事と平安を祈り、親しい人への年賀も楽しみの一つです。

≪人日の節句、七種≫
 五節句の一つです。
 七種粥を作って、万病を除くおまじないとして食べましょう。

≪節分≫
 立春の前日です。
 豆まきをして、邪気を払い、平安な一年を祝いましょう。

≪桃の節句(お雛祭り)≫  → 詳しくは、こちら!
 五節句の一つである上巳の節句です。
 女の子の健やかな成長を祝いましょう。

≪春分、春分の日(春の彼岸)≫
 二十四節気の一つで、昼夜の長さがほぼ等しい日です。
 春の彼岸の中日にあたり、先祖に感謝しましょう。

≪端午の節句(子どもの日)≫  → 詳しくは、こちら!
 五節句の一つです。
 邪気を払い、子どもの健やかな成長を祝いましょう。

≪母の日、父の日≫   →  母の日、父の日
 両親に感謝をする日です。
 気持ちを形にあらわして、お祝いしましょう。

≪七夕≫   →  詳しくは、こちら!
 五節句の一です。 古来からの盂蘭盆とは変化しましたが、願い事などを書いて、一年の平安を祝いましょう。

≪お中元≫  →  詳しくは、こちら!新婚さん向け
 三元の一つです。
 お世話になった人などに、感謝の品物を贈りましょう。

≪夏休み≫
 思い想いの夏休みを楽しみ、思い出を作りましょう。

≪敬老の日≫   →  詳しくは、こちら!
 多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、ますますの長寿を祝いましょう。

≪ 秋分、秋分の日(秋の彼岸)≫
 二十四節気の一つで、昼夜の長さがほぼ等しい日です。
 秋の彼岸の中日にあたり、先祖に感謝しましょう。

≪十五夜≫
 仲秋の名月の満月の夜です。 詩歌を詠むのも良し、月見団子を食べるのも良し、月を愛でて祝いましょう。

≪お歳暮≫   →  詳しくは、こちら!
 お世話になった人などに、感謝の品物を贈りましょう。

≪冬至≫
 二十四節気の一つです。
 太陽が冬至点を通過し、北半球では昼がいちばん短い日です。
 ゆず湯に入ったり、カボチャを食べて祝いましょう。

≪クリスマス≫
 宗教を越えて、年末の国民的な行事として大いに楽しみましょう。

プレゼント イイハナの翌日お届け!
プレゼント 笑顔が花咲くサプライズギフト!「日比谷花壇」

≪関連した話題の書籍≫
読書 目からうろこ! 本当の意味・いわれがわかる冠婚葬祭のことば
読書 この1冊ですべてがわかる! 冠婚葬祭マナーの新事典
読書 目からうろこ! 本当の意味・いわれがわかる冠婚葬祭のことば
読書 50代からの冠婚葬祭きちんとマナー (主婦の友生活シリーズ ゆうゆうLife)
読書 暮らしに役立つ冠婚葬祭・年中行事―三六五日を豊かに。絵で知る、〜

最新の記事は、こちら。

  


出産から賀寿までのお祝い
 春、夏、秋、冬の四季が止まることなく巡ってくるように、人にも折々の節目がやってきます。
 受胎・誕生から、いろいろな祝い事に出会い、多くの人と知り合い、様々な経験を積み重ねて行きます。 それらの節目節目に人脈の輪も広がり、豊かな人生を演出してくれるでしょう。
             → 「誕生日など毎年のお祝い」は、こちら
             → 「時おり訪れるお祝い」は、こちら

≪着帯祝≫
 妊娠5ヶ月目の最初の戌(いぬ)の日に、帯祝い(岩田帯)を締め、お祝いをします。 戌の日を選ぶのは、お産の軽い犬にあやかって安産を願うからです。

≪出産≫
 世継の男の子が誕生した時には、同じ大きさの餅を三つ重ね、女の子は二重の鏡餅を飾ってお祝いをします。
 出産3日目には、近所におはぎを配ったものです。
   プレゼント 【伊勢丹】マザー・ベビー用品
   プレゼント 赤ちゃんの誕生と成長を願って「出産祝いギフト」(日比谷)
   プレゼント ベビーアイテム(DHC)

≪お宮参り≫
 生まれてから、男子は31日目、女子は33日目に、氏神様に参拝します。 病気や災いを避け、健やかに育つよう祈願をします。

≪初節句≫
 生まれて初めて迎える節句のお祝いです。
 男の子は、5月5日の「端午の節句」に鯉のぼりをを立て、女の子は、3月3日の「桃の節句」にひな祭りをして祝います。

≪初誕生日≫
 満1年目の誕生日には、寿の文字を書いた丸い一升餅を背負わせ、健康に育つように祝います。

≪七五三≫ → 詳しくは、こちら!
 男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年の11月15日に、氏神様に詣でます。 今日までの無事な成長に感謝し、これからの健康と幸福を祈願します。
 「千歳飴」は、長生きするように願うものです。

≪入学、卒業、合格、進学≫
 小学校、中学校、高校、大学と、各々4回あります。
 関係者へのお礼の気持ちも、忘れないようにしましょう。

≪十三参り≫
 13歳になったときに、氏神様にお参りします。
 今日まで無事に成長できたことを報告、感謝し、これからの健康と幸福を祈願します。春が原則ですが、秋にも行われているようです。
 七五三の次に行われるお祝いです。

≪成人祝≫
 本来は、11〜16歳ころに行われる元服の祝いで、男子は初めて冠をつけ、女子は裳をつけます。
 現在では、1月の第3週目の月曜日の国民の祝日に、20歳を迎えた門出を祝います。

≪就職≫
 現在では、ほとんどの人が就職するでしょう。
 新たな門出を祝います。

≪結婚≫
 人生最大の慶事です。
 親元から独立して新しい家庭をつくり、第2の人生へ出発する重要な儀式です。
   プレゼント 結婚祝いに贈るフラワーギフト【イイハナ・ドットコム】
   プレゼント 胸いっぱいの愛と幸せをいつまでも「結婚祝いギフト」(日比谷)

≪定年退職、引退≫
 家庭へ糧を得るための長年の役割を終え、新たな人生を楽しむ門出です。
 今までの苦労に感謝し、健康で長生きするよう祝いましょう。
   プレゼント 送別・退職のフラワーギフト【日比谷花壇】
   プレゼント 送別用に贈るフラワーギフト【イイハナ・ドットコム】

≪賀寿祝≫
 長寿を迎えることができた祝いです。
   ・60年の還暦 一回りして生まれた年の干支に返ることから
   ・70歳の古稀 「人生70古来稀也」からの引用
   ・77歳の喜寿 「喜」の略字が七十七と似ているから
   ・80歳の傘寿 「傘」の略字が八十と読めるから
   ・88歳の米寿 「米」の字が八十八の組合せであることから
   ・90歳の卆寿 「卆」の字が九十と読め、人生卒業とのことから
   ・99歳の白寿 「百」の字から一を取り除くと「白」になるから

プレゼント イイハナの翌日お届け!
プレゼント 笑顔が花咲くサプライズギフト!「日比谷花壇」

≪関連した話題の書籍≫
読書 目からうろこ! 本当の意味・いわれがわかる冠婚葬祭のことば
読書 この1冊ですべてがわかる! 冠婚葬祭マナーの新事典
読書 目からうろこ! 本当の意味・いわれがわかる冠婚葬祭のことば
読書 50代からの冠婚葬祭きちんとマナー (主婦の友生活シリーズ ゆうゆうLife)
読書 暮らしに役立つ冠婚葬祭・年中行事―三六五日を豊かに。絵で知る、〜

最新の記事は、こちら。

  


時おり訪れるお祝い
 毎年、決まって訪れる記念日の他にも、出来事に合わせたお祝い事があります。当事者にとっては、とても大切な祝い事です。上手に付き合いましょう。
            → 「誕生日など毎年のお祝い」は、こちら
            → 「出産から賀寿までのお祝い」は、こちら

≪昇進、栄転、転勤≫
 目標に向けて、実力が発揮できる地位・場所への異動です。
 大いに祝いましょう。
   プレゼント 昇進昇格祝いの花は日比谷花壇で

≪転職≫
 これからの時代は、様々な職歴を経験することでしょう。
 新たなチャレンジを祝いましょう。

≪上棟、新築、引越し≫
 棟木を上げるお祝いで、神を祭り、新屋の安全を祈ります。
 新しい家で始まる新しい生活の始まりを祝いましょう。

≪開店、開業、設立、発足≫
 新しく店を開いて商売のスタートを祝いましょう。
 開運の意味で、宝船、きんちゃく、打出の小槌などを飾ります。
   プレゼント 開店祝い・新改築・移転祝いの花は日比谷花壇で

≪病気見舞、快気祝≫
 病気の人を慰めるために見舞うことです。
 直接出向かなくても、贈り物に手紙を添えても喜ばれます。
 受けた人は、見舞いにきてくれた人に感謝し、病気の全快を報告します。 快気祝は、床上げ祝とも呼ばれます。
   プレゼント 一日も早い回復を願って「お見舞いの花贈り」(日比谷花壇)
   プレゼント お見舞いに贈るフラワーギフト【イイハナ・ドットコム】

≪叙勲、表彰、優勝、入賞≫
 名誉のあるできごとです、
 一緒に、祝いましょう。

≪いろいろの記念日≫
 それぞれの家庭には、いろいろな思い出にまつわる、様々な記念日があるものです。
 そんな時は、家族がみんな集まってお祝いをしましょう。

プレゼント イイハナの翌日お届け!
プレゼント 笑顔が花咲くサプライズギフト!「日比谷花壇」

≪関連した話題の書籍≫
読書 目からうろこ! 本当の意味・いわれがわかる冠婚葬祭のことば
読書 この1冊ですべてがわかる! 冠婚葬祭マナーの新事典
読書 目からうろこ! 本当の意味・いわれがわかる冠婚葬祭のことば
読書 50代からの冠婚葬祭きちんとマナー (主婦の友生活シリーズ ゆうゆうLife)
読書 暮らしに役立つ冠婚葬祭・年中行事―三六五日を豊かに。絵で知る、〜

最新の記事は、こちら。

  


11月15日は「七五三」
 男の子は数えで3歳と5歳、女の子は3歳と7歳になった成長を感謝し祝う行事です。
 神社に参詣して祝います。
  嬉しい女 【SALE(三越)】 <お仕立上り>五歳お祝着(半衿付)
  嬉しい女 【SALE(伊勢丹)】 <お仕立上り>三歳お祝着セット
  嬉しい  【SALE(伊勢丹)】 <お仕立上り>五歳お祝着(半衿付)
  女  【SALE(三越)】 <お仕立上り>七歳お祝着セット(半衿付)
 現在では、満年齢で行う場合も多くなりました。
 また、休みの関係から、11月中の土日・祝日に行なうことも多いようです。
 北海道などの寒冷地では、寒くなってしまうことから、1か月早い10月15日に行なう場合が多いようです。

 それぞれ、年齢ごとに祝う意味があります。
  ・3歳  髪置(かみおき)  髪を伸ばす
  ・5歳  袴着(はかまぎ)  初めて袴をつける
  ・7歳  帯解(おびとき)  大人の装い (着物と丸帯) 、女の子は初めて化粧をする
 昔は乳幼児の生存率は低く、厄落しの意味や、生存を祝う意味もありました。
  ・3歳  言葉を授かった祝い
  ・5歳  知恵を授かった祝い
  ・7歳  歯を授かった祝い
 「7歳までは神のうち」 との考え方から、障害などを持つ子を間引き 「神へお返しする」 期間でもあった悲しい歴史もあります。
 7歳になってから始めて人別帳に記載され、人としての仲間入りしたのです。

 天和元(1681)年、館林城主/徳川徳松の健康を祈って行われたのが儀式としての始まりとされており、元々は関東圏の地方風俗でした。
 今でも、千葉県や茨城県の一部では、親戚一同をホテルなどに招き、結婚式にも劣らない豪華なお祝いの式典を行っています。
 七五三には欠かせない千歳飴は、江戸時代の元禄-宝永年間に、浅草/飴売りの七兵衛が始まりとされています。
 ともあれ、お子さんやお孫さんへ、楽しい“思い出”をプレゼントしましょう。



≪関連した話題の書籍≫
読書 はじめてでも縫えるこどものきもの―七五三の晴れ着・被布・羽織〜
読書 かわいくつくっちゃおう! かんたんクッキング12か月 (6) 11月&12月〜
読書 3・4・5歳児の行事&季節の製作アイデア(10月~3月) (PriPriブックス)
読書 七・五・三きょうだい―七五三のおはなし (行事のえほん)
読書 七五三だよ 一・二・三

(28年11月6日)

最新の記事は、こちら。

  


最新記事

最新の記事一覧は、こちらをクリックして下さい

お役立ちメモ 2

贈る品物選びに困ったら
故郷の名物を探す
お子さん、お孫さんへ
品物選びに「ランキング」
健康を贈る
お買い得、あれこれ
花について
添状の文例
 誕生日結婚記念日
 開店、開業、設立、発足
祝電の文例
初めてネット購入される方へ

お役立ちメモ

◎誕生日など毎年のお祝い
誕生日、結婚記念日
正月、人日の節句、節分
ひな祭り、春の彼岸、子供の日
母の日、父の日、七夕、お中元
夏休み、敬老の日、秋の彼岸
十五夜、お歳暮、クリスマ


◎出産から賀寿までのお祝い
着帯祝、出産、お宮参り
初節句、初誕生日、七五三
入学・卒業・合格・進学
十三参り、成人祝、就職、結婚
定年退職・引退、賀寿祝


◎時おり訪れるお祝い
昇進・栄転・転勤、転職、開店
上棟・新築・引越し、病気見舞
快気祝、叙勲・表彰・優勝


◎デパートなどでお買い物
◎旅館などの「お宿」探し
 旅館などの「お宿」探し (2)
◎愛車も家族

アマゾンで書籍選び

スポンサー

今週の宿予約
ガリバーの無料査定
オートウェイ

Profile

Category

Link

Feed

Mobile

qrcode